MENU

そもそも免疫力とは何か

私たち人間に体の中には、ウイルスや細菌から身体を守る仕組みがあります。体の中にもともとある細胞と、外から入ってきた異物を判別し、異物だけ体外に排出する、この仕組みを免疫と呼んでいます。
免疫力とは、異物への対応力や、異物と異物でないものを判別する力を指します。食べた物や薬など、体に必要なものであっても、免疫が「これは異物なのだ」と勘違いし間違って攻撃してしまう状態など、免疫がうまく働かない状態を「免疫不全」と言います。

 

 

 

また、免疫のパワーは加齢やストレスによって低下してしまいます。

 

 

免疫の担当は白血球

血液の成分のうち、白血球が免疫システムの中心を担当しています。白血球は「顆粒球(約60パーセント)」、「リンパ球(約35パーセント)」、「マクロファージ(約5パーセント)」の3種類に区分されます。それぞれ、体内に入ってきた異物を取り込み、排除する役割があります。このうち、リンパ球は「T細胞」、「B細胞」、「NK細胞」の3つに区分されます。

 

 

 

また、リンパ球を作る「骨髄」も免疫を担う重要な器官です。骨髄の中にある「造血幹細胞」を元にして白血球は作られます。

 

 

免疫力を下げる要因@加齢

人間の免疫機能は、年を重ねるごとに弱まっていきます。免疫力のピークは20代で、この頃は一番感染症などに罹りにくい年齢です。しかし、年を重ねて行く事に免疫機能は大きく低下し、それに伴って病気に罹りやすくなってしまいます。ワクチンを摂取しても抗体ができにくかったり、入ってきた異物に過剰な反応をしてしまったりします。
年をとると、当然体の働きが全体的に衰えてきます。しかし、その中でもリンパ球のうちT細胞系列は、一番加齢とともに衰えると言われています。T細胞を作り出す胸腺や、リンパ球を貯め込む働きをする膵臓などは加齢とともに縮み、免疫システムに重要な役割を果たす器官であるにも関わらず、ほかの器官より衰えるスピードが早いと考えられています。

 

 

 

また、骨髄の中ではB細胞を分化させる働きが行われていますが、こちらも加齢とともに機能が衰えていきます。このように、新しくT細胞やB細胞を作る働きが低下してすることが、加齢による免疫力低下の原因のひとつです。

 

 

加齢とともに細胞自体が減る

さらに、T細胞は若い頃は数が多く、年を取ると減少すると言われています。また、ナチュラルキラー細胞であるNK細胞は、ガン細胞と戦う免疫細胞ですが、15歳頃をピークに、活性度が大きく低下していきます。年齢を重ねるうちにガンになりやすくなってしまうのはこのためでもあります。

 

 

 

先ほど述べたように。新しく細胞を作る働きが鈍ってしまうのに加え、もともとの免疫細胞の数が減少してしまうため、免疫力は加齢とともに低下してしまうのです。

 

 

免疫力を下げる要因Aストレス

免疫力低下の原因のひとつに、ストレスによる自律神経の乱れが挙げられます。ストレスが溜まると、免疫細胞のバランスを整えていた自律神経の働きが乱れてしまうのです。ここでいうストレスとは、なにも精神的なストレスだけでなく、疲労や温度変化、水分・栄養の不足など身体的なストレスも含まれます。

 

 

 

年齢を重ねると、仕事や私生活での悩みが増え、精神的なストレスが溜まりやすくなります。ストレスと免疫機能の関係については、現在もまだ研究が行われている途中ですが、ストレスは自律神経を乱れされるものであり、免疫に大きな悪影響をもたらすということが言われています。

 

 

自律神経とは

自律神経は、交感神経と副交感神経のふたつからなります。交感神経は、身体を緊張状態に傾ける神経で、仕事・勉強や身に危険を感じた際などに高い集中力を発揮させてくれます。これとは逆に、副交感神経は、身体を休ませ、リラックスさせてくれる神経です。

 

 

 

主に、昼間活動している時にこの交感神経が優位で、夜休んでいる時や睡眠中は副交感神経が優位になっています。ストレスを感じているときは、交感神経が優位に働いている状態になってしまいます。ドキドキして夜眠れない状態は、この交感神経が優位になっているからです。この交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、白血球のバランスが乱れ、免疫機能も正しく行われなくなってしまうのです。

 

 

加齢とともに気をつけるべきこと

体の老化を語る上で重要なのは活性酸素の存在です。活性酸素は通常の酸素とは異なり、何らかの原因によって人体にとって有害な酸素へと変化してしまったものです。活性酸素は不安定な状態であり、安定した形になろうと周りの細胞を酸化させます。酸化した細胞は正常には働かなくなってしまいます。

 

 

 

あらゆる臓器のガンや、脳の細胞なら認知症、肌の細胞ならシミやシワの原因として、この活性酸素が取り沙汰されています。この活性酸素の発生を抑えることで、体の老化を抑えることもでき、免疫力の低下も抑制することができると考えられます。

 

 

抗酸化作用のある食品

抗酸化作用のある食品を摂ることで、細胞の酸化を抑えることができます。
身近なものではニンジンやトマト、ナスやカボチャなどの緑黄色野菜に抗酸化作用があります。
大豆から作られた発酵食品や、ワインやヨーグルトなどにも抗酸化作用があります。サケやマスに含まれるアスタキサンチンという抗酸化成分も有名ですね。またキャベツやバナナにも高い抗酸化作用があります。

 

 

ストレスを溜めない工夫をしよう

体にストレスが続いている状態を長く続けてはいけません。
心身ともに疲れていると感じる時は、免疫が弱り始めているサインなので、ゆっくり身体と心を休める必要があります。性格的にストレスを溜め込みやすいと自覚がある人は、特に気をつけましょう。

 

 

 

積極的に身体を動かしたり、ストレッチをしたりするのも効果的です。リラックス効果のあるアロマを用いたり、好きな音楽を聴いたりして休む時間を設けましょう。何事も深く考えすぎず、すこし楽観的に考えてみるなど、思考面でもストレスを溜めないように工夫できるとより良いです。

 

 

まとめ

私たちの身体を守る免疫作用は、主に2つの理由によって機能が鈍ってしまいます。原因の1つはストレスです。ストレスにより自律神経のバランスが乱れ、副交感神経より交感神経が優位な状態が続くと、白血球のバランスが崩れてしまいます。

 

 

 

免疫システムの中核を担う白血球が正常に機能しないと大変です。心身ともに疲れていると感じたら、免疫の働きを回復させるためにしっかりと休養を取りましょう。免疫力低下のもうひとつの原因は加齢です。残念なことに、加齢による免疫力の低下は誰でも避けられないことです。

 

 

 

加齢とともに、免疫システムで重要な役割をもつ白血球を作る器官が縮んでしまい、新しく免疫細胞を作る機能が衰えてしまいます。また、もともとあった免疫細胞の数も老化とともに減ってしまいます。

 

 

 

免疫力のピークは20歳前後で、年を重ねるとその分免疫力が低下し、身体を守る機能が弱まってしまいます。このため、感染症やガンに罹りやすくなってしまうのです。しかし、食事面で気をつければ、体の老化のスピードを緩やかにできると考えられます。老化防止に役立つ抗酸化作用のある食品を摂ることで、加齢による細胞の衰えを抑えることができます。

 

 

 

食生活を整え、規則正しい生活を心がけた上に、ストレスを溜めない工夫をすることで、免疫の低下を抑えることができます。