MENU

免疫力とアンチエイジングには深い関わりがある

女性であれば、アンチエイジングに興味がないという人はいないでしょう。化粧品、美容用品、生活習慣の見直しなどなど…様々な方法を多くの人が実践しているであろうアンチエイジング。

 

 

 

しかし実は、免疫力とアンチエイジングが深いかかわりにあるということはあまり知られていません。今回は免疫力とアンチエイジングの関係について、詳しく紹介していきます。

アンチエイジングとは

 

まずはじめに、アンチエイジングとはいったいなんなのか、ということを解説しておきたいと思います。アンチエイジングとは、抗老化や抗加齢とも呼ばれており、いわゆる老化現象に抗う、遅らせるための行為の一つです。

抗老化医学とも

美容の観点から生まれた造語のようなイメージがあるかもしれませんが、アンチエイジングとは別名「抗老化医学」とも呼ばれ、集学的医学の一つとして位置づけられています。

 

 

 

美容に関することはもちろんですが、運動、栄養、医学、ハーブ、エステなどその範囲は非常に多岐にわたります。

免疫力とアンチエイジングの関係

 

ここからは免疫力とアンチエイジングの関係について、詳しくお話をしていきたいと思います。免疫力と言えば、風邪を引きにくくする、身体を丈夫にすると言ったイメージが強いかと思います。

 

 

 

健康的な生活のためには欠かすことができない免疫力。日頃からできるだけ免疫力を上げようと努めている人は多いかと思いますが、実はアンチエイジングの観点からみても非常に効果があると言われています。果たして免疫力とアンチエイジングは、どのような関係があるのでしょうか。

白血球やリンパ

免疫力の主体となるのは、血液中の白血球やリンパです。免疫力が高まると血行やリンパの流れがが良くなる、という話は有名ですが、実はこの現象がアンチエイジングにも繋がってくるんです。

 

 

 

血行やリンパの流れが良くなると、体に溜まっていた老廃物も排出されやすくなります。年齢を重ねると身体はどうしても代謝が落ちて、老廃物を貯め込みがちになります。こういったことが肌のくすみや荒れに繋がるわけですが、免疫力があがり老廃物が排出されると、それに伴って肌や髪の毛などの荒れも改善していくのです。

新陳代謝があがる

免疫力があがると、新陳代謝も同時に上がっていくと言われています。加齢に伴い新陳代謝はどうしても衰えていき、そのため太りやすくい身体になったり、冷えやすくなったりしていきます。

 

 

 

免疫力が向上し新陳代謝があがると、こういった体質の改善…要するに体のアンチエイジングになります。代謝があがり老廃物を排出しやすい身体になると、必然的に肌も綺麗になっていくので、美容面においても効果があるといわれています。

アンチエイジングのための免疫力アップ、方法は?

 

免疫力をあげるために大切な行為としてよく挙げられるものは、アンチエイジングのためにも大切だと言われている行為でもあるんです。

 

 

 

なのでアンチエイジングのために免疫力をあげる、というよりは、免疫力を上げていると必然的にアンチエイジングにもなると考えてください。より詳しく、その中身を紹介していきます。

質の良い睡眠

免疫力UPのために欠かせない睡眠。美容においても非常に大切なものであることは、ご存知の方は多いかと思います。しかしただ睡眠を長く、たくさんとっていればいいというものではなく、免疫力の向上とそれに伴うアンチエイジングのためには質の良い睡眠をとることが大切なんです。

 

 

 

深い睡眠をとる、適度な寝がえりをうつ、睡眠時に穏やかな呼吸を保つ…簡単そうに見えて、意外とできていない人が多い事柄です。カフェインや寝酒を控えたり、身体をよく温めて眠るようにするなど、良い睡眠をとることができるように心がけましょう。

食生活の改善

日頃、偏った食生活をしてはいませんか?免疫力の向上にはもちろんですが、アンチエイジングの観点からみても食事は非常に大切な要素になります。

 

 

 

バランスの良い食事はもちろんですが、まずは三食きちんと食事をとることからはじめてみましょう。免疫力を上げながらアンチエイジングもできるおすすめの食材は、後程詳しく紹介していきます。

体温を上げる

身体が冷えていると、免疫力が下がることはもちろん、血流が滞り肌がどんよりとくらい印象になります。見た目が老けて見えることはもちろんですが、肌にハリやツヤがないと肌年齢という観点からみてもよくありません。

 

 

 

冷えは、女性にとっては大敵です。冬はもちろんですが、夏も冷房などにより最近は体温が下がってしまう人が多くなりがち。首やお腹周りを中心に温めると、身体全体が温まっていいですよ。また入浴はシャワーで済ませるのではなく、しっかり湯船につかるようにしましょう。これだけでも身体の温まり方が全然違います。

ストレスをためない

人の身体というのは不思議なもので、ストレスが溜まると免疫力が落ちてしまうと言われています。もちろんストレスによる不眠なども原因となっているんでしょうが、健康な体は健康な心からというわけですね。

 

 

 

ストレスをためないことは免疫力の向上にはもちろんですが、肌荒れ防止などのアンチエイジングの観点からみても推奨できます。なによりストレスが溜まると不眠や暴飲暴食など、免疫力の低下や肌荒れの原因に繋がる行為に走りがちになってしまうため、日頃から上手にストレスを発散していくようにしましょう。

免疫力を上げながらアンチエイジングをするのにおすすめの食材

 

免疫力を上げながら、かつアンチエイジングをするのにおすすめの食材をご紹介します。毎日の食事の中に、うまく取り入れてみてください。

うなぎやたまご、レバー類

新陳代謝を高めてくれる働きがあるビタミンB群の入った食材は、免疫力の向上にもアンチエイジングにもオススメの食材です。うなぎやたまご、納豆などは、このビタミンB群が豊富な食材として知られています。

 

 

 

またあまり得意ではない人が多いですが、レバー類は非常にビタミンB群が豊富なことで知られています。レバー類は色々なビタミンBが一度に摂れるので非常にオススメです。

鶏肉、納豆

身体や肌、髪などを健康に保つためには欠かせないたんぱく質。納豆などの大豆製品や、お肉類にもたくさん含まれています。

 

 

 

ただしたんぱく質はコレステロールやカロリーが高めなものも多いので、できるだけ高たんぱく低カロリーな食材を選びましょう。皮を取り除いた鶏肉、卵、鮭などがおすすめです。

ヨーグルト

腸内環境を改善してくれることで知られるヨーグルト。お通じの改善は美容には良いのでアンチエイジングにはつながりそうですが、免疫力に関係があるのか疑問に思う人もいることでしょう。

 

 

 

しかし実は、腸内環境と免疫力は非常に密なつながりがあるんです。というのも、実は免疫細胞の約70%は腸に存在するといわれているからです。つまり腸内環境を整え免疫細胞を活性化させることが、免疫力を高めることにつながるわけです。

 

 

 

免疫力の観点からみると、最近話題の1073R-1乳酸菌が入ったものをとるとなおよいかと思います。ただし乳酸菌は体外へ排出されてしまうスピードも速いので、毎日継続して摂り続けることが大切でもあります。

まとめ

 

免疫力とアンチエイジングの関係について、色々な観点から紹介してきましたがいかがだったでしょうか。免疫力の向上とアンチエイジング、あまり関係がないように思えますが、実は密に繋がっていることがわかっていただけたかと思います。

 

 

 

アンチエイジングというと、肌をきれいに保つこと、若々しく見せることについ意識が向きがちです。しかし免疫力の向上という形で、身体の中から老化を防止することもまた、立派なアンチエイジングのひとつなのでしょう。