MENU

がんの予防になる免疫力を高める方法とは?

現代の日本において、がんという脅威は身近な存在となりました。治療法も増え、不治の病という印象は少なくなりましたが、それでもがんと闘う人が沢山いることに変わりありません。元々人の体には、がんだけでなく、あらゆる病気に対して対抗する免疫力が備わっています。免疫力を高めることで風邪などの身近な病気にかかりにくくなりますし、実はがん予防にもつながるのです。

 

 

 

今回はがんの予防になる免疫力を高める方法についてご紹介していきます。

 

 

がんは免疫力を低下させる?!

免疫抑制とは

元々体に備わっている免疫力は、リンパ球と呼ばれる細胞やマクロファージなどの細胞の働きによるものです。それぞれに役割があり、ウイルスや細菌による脅威から体を守ってくれています。また発がん性物質という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。そのような物質によって生じる異常な細胞を排除するもこれら免疫細胞の仕事です。

 

 

 

そのような免疫力が低くなっている状態を「免疫抑制」状態と呼びます。この状態になると、免疫細胞の働きが弱まってしまうため、がん細胞が体の中にはびこっていても攻撃や排除といった機能を果たすことができなくなります

 

 

 

ただし、元々体に備わっている免疫抑制細胞全てが悪い働きの細胞というわけではありません。免疫細胞の特徴として、唯一自分の細胞を攻撃できる働きがあります。もし免疫抑制細胞が存在していなかったら、自分自身の体に対して免疫細胞が働き「自己免疫疾患」という病気につながります。そのため免疫抑制細胞の存在自体が厄介なわけではありません。

 

 

がんが増殖する?!

ただがんを発症している場合は厄介な存在になります。がんに罹ると免疫抑制細胞が増殖します。増殖した免疫抑制細胞は、正常な細胞のがんに対する攻撃を抑制してしまいます。それは、がん細胞が誰からも攻撃されることなく増殖していくことを意味します。

 

 

がん予防は免疫力を高めること

がん予防のために

がんの発症の原因は、主に遺伝子レベルでの細胞障害がきっかけとされています。ただ、本来私たちに備わっている免疫力が通常通り機能すれば、がん細胞という異常な細胞は攻撃、排除されることになります。

 

 

 

免疫力の低下は、がんになるリスクやがん細胞の増殖を高める可能性があると分かります。そのため、がんに対して対策を練ろうと考えている人は、生活習慣を整え、免疫力を高めることを意識しましょう

 

 

がんになってしまっても

がんになってしまっても、同じことが言えます。免疫力を高めることでがん細胞の働きを弱め、消滅させることが期待できるのです。がんの治療と言えば抗がん剤や放射線治療、外科手術などが頭に浮かぶかと思います。近年副作用の少ない抗がん剤が開発されているとはいえ、やはり健康な細胞を攻撃してしまう抗がん剤の強い毒性や、外科手術による体力の消耗もあって、免疫療法も注目されています。

 

 

 

この治療には予防の意味もありますが、がん細胞の増殖を食い止める目的や、手術後の再発防止としても活用されている治療法です。ワクチンや免疫賊活剤による治療の他、健康食品を活用した療法もあれば、精神面からサポートする心理療法も存在します。

 

 

免疫力を高める食事

積極的に摂りたいもの

普段の生活から、常に免疫力を高める意識をしておけば、がん予防だけでなく、身近な病気である風邪などの症状からも身を守ることができます。

 

 

 

リンパ球の働きを良くするものとしてよく挙げられているものがフィトケミカルと呼ばれるものです。分かりやすく説明すると植物性の食品に含まれている色素や苦み成分のことを指します。有名な成分で言えばポリフェノールが挙げられます。それ以外にもアリシンイソチオシアネートといった成分が挙げられます。食べ物を例に挙げると、春菊やにんにく、タマネギ、ブロッコリーやカイワレ大根などがおすすめです。

 

 

 

肝臓の解毒作用を高めてくれるビタミン類は比較的摂りやすい栄養素かと思います。ビタミンCβ?カロテンビタミンEは肝臓の働きを活性化させてくれます。消費されやすく排出されやすい栄養素なので、こまめに摂っておきたい成分です。足りていないと思ったらサプリメントなどを利用するのもおすすめですよ。

 

 

海藻や魚、お肉にも

昆布やメカブに含まれる「フコイダン」という食物繊維の一種は、免疫増強作用があると言われています。また水溶性食物繊維のため、腸内環境を整えてくれる作用もあります。腸には免疫細胞の約6割が集まっているため、腸内環境の改善はそのまま免疫力の向上にもつながるのです。

 

 

 

またサバやイワシといった青魚を積極的に摂りましょう。良質なたんぱく質を得ることができます。たんぱく質は免疫機能のある白血球のもととなります。もちろんお肉からもたんぱく質を摂取することはできますが、その際は脂身の少ない部位を選ぶようにしましょう。

 

 

摂るのを避けたいもの

脂質や糖質は摂り過ぎに注意しましょう。主にコーン油やサラダ油、トランス型の油は避けた方がいいでしょう。自宅で炒め物をする際には、油の量に気を使うようにしたり、スナック菓子を食べ過ぎたりしないよう注意しましょう。また白米や白砂糖の摂りすぎも避けたいですね。食べるな、というわけではありませんが、過度に食べ過ぎることは常に意識した方がいいかと思います。

 

 

免疫力を高める生活習慣

適度な運動

免疫力を高めるのは食生活の改善だけではありません。適度な運動によって体が鍛えられることによって免疫力の向上につながります。ジョギングやランニング、スイミングや筋力トレーニングなど、自分の好きなスポーツがあれば楽しく免疫を高めることができますね。

 

 

 

運動があまり得意ではない、という方も安心してください。脂肪を落とし、筋肉をつけることによって基礎代謝力がつけるためには、軽い「有酸素運動」が効果的と言われています。1日20分程度の散歩でも十分運動になります。ラジオ体操も、真剣に取り組むとなかなかに汗をかくいい運動になりますよ。自分のペースでゆったりと着実に、体を動かしていきましょう。

 

 

ストレスを溜めない

精神的なストレスが生じると、自律神経が乱れ、免疫力の低下につながります。ストレスが全くない環境に身を置くことはできませんが、発散させる方法を見つけ出し、ストレスとの距離を適度に保つことが大切です。その際、出来るだけ室内へこもりすぎることなく、外へ出かけることを意識しましょう。適度な運動とつなげて、自然の多い場所でのんびりと散歩するのがシンプルですが効果的な方法です。

 

 

喫煙・飲酒について

がん予防において度々話題に上がるのが、喫煙と飲酒についてです。喫煙と飲酒を禁じることでストレスになるのは心苦しいことですが、がんになるリスクを理解した上で適量を楽しむことを意識してください

 

 

 

喫煙の場合、白血球やリンパ球の一部を減少させてしまう特徴があります。また積極的に摂りたい栄養素であるビタミンCを消費してしまうため、免疫力の向上に反しているのも事実です。飲酒は適量であれば血行促進作用があるのですが、アルコール分解過程で生じるアセトアルデヒドには強い毒性があるうえ、遺伝子を傷つけることが分かってきています。遺伝子に傷がつけば、その細胞のがん化の可能性が高まるということです。

 

 

まとめ

 

免疫力を高めることは、がんの予防につながります。規則正しい生活と栄養バランスの摂れた食事、適度な運動で免疫力を強くすることはできます。ストレスや疲労の蓄積を感じた時には、普段から無理をせず、素直に休むことで自分の体を追い込まないようにしたいですね。