MENU

免疫力とアミノ酸の関係を知っておこう!

すぐに風邪をひいてしまって…最近体力回復までに時間がかかって困ってるといった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。現代人はストレス社会の中で生きていく中で、必要な栄養素が不足しがちになってしまったり、文明の発達によってどうしても運動不足となってしまっています。

 

 

 

それを解決してくれるのがアミノ酸です。今、身体の免疫力を高めてくれる対策としてアミノ酸が大注目されているのです。その驚くべき効果に迫っていきます。アミノ酸を摂取して、たくましい体つくりに励んでいきましょう!

1、生命にはアミノ酸が不可欠!?

アミノ酸は人類の祖先?

人類をここまで成長させたのはアミノ酸による力が大きいと言われています。約40億年前に地球上で誕生した生物はアミノ酸であったということも伝えられています。私たちの身体の20%はアミノ酸で形成されています。全ての箇所を成長させるのに必要なのがアミノ酸と言っても過言ではありません。更に、DNAでさえもアミノ酸が原料となっています。

天然のアミノ酸?

人類はアミノ酸を摂取する必要があるのにも関わらず、農業を始めたりとアミノ酸とは無縁の生活を送るようになります。でも私たちの身近には完璧とも言われる天然のアミノ酸が存在しています。それが母乳です。産まれたばかりの赤ちゃんには欠かすことのできないものですが、これには人間に必要なアミノ酸20種類の内、18種類が含まれていると言われています。

2、現代人の免疫力対策にはアミノ酸が注目される!

免疫力のアップとは?

私たちの身体には、ウイルスなどの病原体が入り込もうとしてきたときに、それらを排除しようとする防衛機能が働きます。風邪などで体調が良くない時は、これが低下してしまっている状態です。この防衛機能=免疫力を高める必要があります。これは必要な栄養素を身体の中に摂取することが必要となってきます。

免疫細胞

私たちの身体において、重要な組織を作るといった重要な役割を果たしているのがタンパク質です。また、体内中において免疫に関する役割を担っている免疫細胞と呼ばれる組織が存在します。これら全てはアミノ酸で作られています。つまり、身体の健康維持や免疫力を高めるのに必要なのがアミノ酸であると、近年大注目されている成分なのです。

免疫効果だけではないアミノ酸

アミノ酸が人類にとって非常に重要な役割を担っているということは分かりましたが、免疫力アップだけなのでしょうか。実は、それ以外にも期待されている効果があります。例えば、アミノ酸はタンパク質を形成している成分ですので、体力や筋力の向上、疲労回復にも効果があると言われています。また、驚くべきことに、集中力を高めたり、リラックス効果も生むと言われています。

3、免疫力アップ効果のあるアミノ酸

20種類のアミノ酸

自然界には天然のアミノ酸が約500種類存在していると言われています。しかしながら、その中で人間の成長に必要なアミノ酸は20種類です。たったこれだけ?と侮ってはいけません。私たちの体内にある細胞や血液は個人差があるものの常に新しいものへと生まれ変わっています。これらを全て形成しているのが20種類のアミノ酸です。

 

 

 

この20種類を使って、約10万種類と言われる組み合わせを行い、必要な細胞を作っていくのです。このアミノ酸も2つに分けられます。1つは体内で作ることのできる11種類の非必須アミノ酸。体内では作ることができず、食事等で補う必要のある9種類からなる必須アミノ酸。特に必須アミノ酸に関しては、意識して取り入れる必要があるため、現代人は不足がちになってしまいます。

必須アミノ酸

バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジン、メチオニン、レオニンの9種類から形成されています。そのどれもが体内の健康維持に欠かすことのできない成分と言われています。特に免疫力に関係しているものがリジン、ロイシン、トリプトファンの3種類です。リジンはタンパク質の形成に大きく関わっており、その他にもカルシウムの吸収を促進します。

 

 

 

ロイシンは、肝機能を強化する働きがあります。また、筋肉にも大きな役割を担っており、筋肉を成長させたい場合は摂取することをオススメします。トリプトファンは精神の安定を保とうとする抗うつ作用があります。ストレスなどによって自律神経が乱れてしまうと睡眠等にも影響が出てきますが、睡眠と密接な関係にあるメラトニンの材料ともなっているため、睡眠改善に効果を発揮します。

非必須アミノ酸

アルギニン、グルタミン、プロリン、グリシン、アスパラギン、グルタミン酸、アスパラギン酸、シスチン、チロシン、セリン、アラニンの11種類で形成されています。体内で作られている非必須アミノ酸は、必須アミノ酸に比べて摂取する意識を常に持っていなくも問題はありません。しかしながら不足しがちになってしまうアミノ酸も中には存在します。

 

 

 

アルギニンは、成長ホルモンを促す作用がありますが、子どもは十分な量を作り出すことが難しいと言われています。筋肉や骨格の強化に大きな役割を果たしてくれます。アスパラギン酸は疲労回復に効果があると言われています。その他にもテアニンと結合することによって、ウイルスへの抵抗を高めてくれるグルタチオンを生成してくれるシスチンも大事な要素です。

4、アミノ酸は中高年のメタボ予防にも効果的!

脂肪燃焼

現代での食生活の象徴とも言われるのがメタボリックシンドロームですよね。これは内臓脂肪が多く、見た目がみっともなくなるだけではありません。他にも高血圧や糖尿病などの病気を併発してしまう恐れのある状態でもあるのです。これを予防する働きを担ってくれるのもアミノ酸だと言われています。

 

 

 

アミノ酸には脂肪燃焼を促進してくれる作用も備わっています。メタボには酵素ダイエットが効果的というのを聞いたことがある人もいるかもしれませんが、酵素というのはタンパク質のひとつです。タンパク質を形成しているのが20種類のアミノ酸ということは、酵素はアミノ酸から作られていると言ってもおかしくありません。

アミノ酸の過度な摂取に注意

アミノ酸は、確かに私たちの身体を作り上げるうえで非常に重要な役割を担っていることは、これまでに何度も説明してきたことです。しかしながら、どれだけ、良いものであっても過剰な摂取をすると身体に悪い影響を与えてしまうこともあるのです。

 

 

 

例えば、血液中のアミノ酸の量が過剰になってしまった場合には腎臓や肝臓へ負担を掛けてしまうことにもなります。その他にも、神経が乱れてしまったり、白血球中のNK細胞に影響が出たりと、免疫の低下にもつながりかねません。バランスよく、摂取することが重要です。

5、まとめ

 

免疫力を高めるだけでなく、健康の促進やストレスへの対策、集中力アップなど、様々な方面から大注目を浴びているアミノ酸に関してご紹介してきましたが、お分かり頂けたでしょうか。現代人が不足しがちなアミノ酸を必要量摂取することによって、人間本来の姿を取り戻すことができるのです。

 

 

 

現代の食事ではアミノ酸が不足しがちになってしまうため、始めは大変かもしれませんが、これを習慣づけることによって、健康な体を手に入れることができるかもしれません。また、アミノ酸を意識的に摂取することによって、肌細胞の活性化にもつながり、アンチエイジング効果も期待できますよ。是非、食生活にアミノ酸を取り入れていきましょう。